和食屋でオリジナル「のぼり」を効果的に使う!

集客

和食屋にはのぼり集客が効果的です。

どこの和食屋でものぼりが出ていることは多いですがオリジナルで
特徴あるのぼりは目立ちますしお客さんが入ってみようかという
気持ちにもなります。

それではオリジナルだとお客さんに思わせるにはどうしたら良いかですが、
ただお店のメニューを羅列しておくだけだとそのお店が売り物としている
名物料理がわかりません。

うなぎ、天ぷら、寿司、そば、とんかつと並べて書いてあると何を売り物に
しているかわかりませんし限られたスペースに料理名が沢山書かれていると
文字も小さくなります。

そうすると車に乗った人は読めないまま通過してしまいます。

効果的に

効果的なのはそのお店の特徴や売りを一目見ただけで理解できる宣伝文です。

例えば定食580円と書いてあると人は安いと感じ入ってみたくなります。

実際にお客さんがその定食を頼むかどうかはまた別の話で、
まずは入ってみたいお店と思わせることが大事です。

人間の記憶力の限界はマジックナンバーと言われていて7単位、
7文字よりも少なければ覚えやすいのでその中にお店の特徴や売り物を
入れるという短文勝負です。

刺身定食、カツ丼と一品目だけの宣伝は効果的です。デザインも大切です。

お洒落さをアピールしたければ茶色いセピアに白抜きもいいですが
喫茶店向きです。

黒や赤の背景はガツンとした印象を与えるのでラーメン屋向きです。

ある程度落ち着いた雰囲気で美味しい料理が食べられる和食屋は青地に
白文字がオーソドックスです。

ただし人は色から食べ物をイメージします。

白地だと豆腐、茶色なら肉、赤で暖かい鍋を連想します。

メニューによって色とフォント。
使い分けるのはいい手法です。

一本に絞り、沢山出してうるさく感じさせてしまうと敬遠されがち
という事も注意点です。

カフェでオリジナル「のぼり」を効果的に使う!

オシャレなカフェを効果的に宣伝する方法として、オリジナルのぼりを
利用するお店が増えてきています。

店構えだけではカフェとわかりにくい場所や、奥まった場所にお店を構えて
いる場合でも店舗の前に設置しておくことで道行く人の目にとまりやすく
なりますし、車で移動している人にもお店をアピールすることが出来るように
なりますので、初めてお店を構えるという方にも人気となっています。

サービス

通常ののぼりはポールを通す部分がにチチを使用している特徴があるため
どうしてもオシャレな雰囲気を出すことが難しいデメリットがありますが、
チチを利用せずに袋状にしてポールを綺麗に隠すことが出来るので
オリジナルデザインののぼりをセットすることでお洒落に見えますし、
印象も良くなるメリットがありカフェやベーカリーなどの洋風な
お店で導入されています。

宣伝

また通常のタイプは強風による巻き上りや耐久度が低い特徴がありますが、
袋状でポールを通すタイプは強風に強く巻き上り防止の効果、耐久性の高さも
大きな魅力となっていますので海岸沿いや山沿いに店舗を構えているお店や、
強風が強い場所で行うスポーツ大会などでも活躍します。

ポールには一般的な3mタイプのポールから通常よりもミニサイズの2.4mタイプも
あるので希望のサイズに合わせて設定することが出来ます。

またポールの安定性を維持するためにも注水台をセットすることで
強風でもびくともせずにお店の前に設置することが可能です。