オリジナル「のぼり」を効果的に使う!

街を歩くと、色々なお店が様々なのぼりを使っているのを目にします。
のぼり旗で売れる店舗づくりなんて方法もあります。

お昼時になるといろいろな飲食店の店前、駐車場の周りにはランチと書かれたもの、
お弁当屋さんの店前には弁当、魚屋さんの前には鮮魚、マッサージ店の前には
マッサージなどのようにいろいろなものがあります。

こういった既製のものも、無いよりかはあった方が良いですが、
売り上げを効果的に上げたいと思っているお店や、費用対効果を重要視する
お店であるならば、そのお店オリジナルののぼりを作成することがおすすめです。

具体的にどのようなものをオリジナルで作ることが効果的かと言いますと、
飲食店であるようなランチだけではなく、そのお店のウリである
おすすめメニューで作成することが良いです。

例えばハンバーグがウリのお店であれば、特製ハンバーグランチ〇〇〇円ドリンク付き
などのように、分かりやすいものにすることで、それを見た人が、
ハンバーグいいなぁと誘導されます。

ランチだけではどんなランチがあるのか分からず、強い誘導には繋がりません。

ハンバーグという具体的な料理名を入れることで、何を食べようか悩んでいる人への
提案にもなり、値段が入っていると更に予算が見えてくるので、新規顧客を獲得し
やすくなります。

マッサージ店でも、どんなマッサージで、いくらなのかを提示することで
入りやすくなります。

ターゲットをある意味で絞ることにより、既製ののぼりより費用対効果が高くなります。

のぼりの視認性を高めるコツ|太さや画数も要検討

のぼりの視認性を高めるには色を考えることが重要です。
同色の色を使うと視認性が悪くなって、目立たなくなってしまうからです。

のぼりの背景色は濃いものを選び、文字は薄いものを選んでハッキリと見える
ようなカラーの組み合わせにすることが視認性を高めるコツです。

コマーシャル業界では昔から目立たせたい時は、白抜きを使えといわれています。
白抜きとは背景色に対して、文字色を白いすることです。

お馴染みなのがセールと書かれたアイコンです。
赤い四角で塗りつぶされた枠の中央にSALEという文字を書くと、
人は惹きつけられるのです。

文字は装飾が多いセリフ体ではなく、装飾の少ないサンセリフ体を選ぶことで
視認性が上がります。

ゴシック系の太めの書体にボールド(太字)を設定すれば、白抜き文字は
とても目立つようになります。

あわせて外側に星形のギザギザを付ければ、より視線を集中させることが
出来るのです。

アイキャッチとしてイラストやマークを入れることも検討してゆきたいです。

スペインの国旗をのぼりにプリントしておけば、スペイン料理の店だと
伝わります。

ビーフ200gと書けば、ステーキなどのお肉料理だと一目瞭然です。

画数はあまり多くない方がいいといわれています。
視線をキャッチするならば、シンプルでユニークなプランを
考える必要があります。

0.8倍にした時に文字が潰れてしまうような漢字の使用は控えることが重要です。